Swami Guhen's Web Site: Journey into the Depth of Awareness

|  サイトマップ  |  お問い合わせ  |   

深遠なる意識の旅

プロフィール

1956 年和歌山県田辺市生まれ。俗名は北岡泰典。生家の墓の真隣は、合気道創始者の植芝盛平の墓。40 年以上に渡る変性意識の学際的研究家。

 

1981 年に早稲田大学を卒業後、20 年間、サハラ砂漠、アメリカ、ヨーロッパに滞在。

 

1983 年合衆国オレゴン州のコミューンでバグワン シュリ ラジニーシ (Osho) に弟子入り。弟子名は Swami Prabodh Guhen (Mr + Awareness (意識) + Depth (深遠))。瞑想修行中にクンダリーニの上昇等の超常現象を体験する。

 

1983 年から 1985 年にかけて、コミューンのラジニーシ国際瞑想大学で計 7 ヶ月間の心理療法講習コース (通算セッション時間数 1,700 時間以上) に参加した。このコースは、ゲシュタルト療法、交流分析 (TA)、ヒューマニスティック・サイコロジー、エンカウンタ、プライマル、サイコシンセシス、催眠療法、その他ほぼすべての現代西洋心理療法の学派の方法論を網羅していた。

 

1985 年より英国ロンドンに滞在、通訳、異文化コミュニケーション コンサルタント業務等に従事。クライアントにはアン王女等の英国貴族等がいた。

 

英国滞在時、1980 年代後半に、瞑想、催眠、NLP、化学的に誘発された変性意識等の徹底的実験を行い、その過程で、神秘的体験を何度となく経験する。「神を見た」後は、その究極的的な「覚醒状態」を通常の状態 (「娑婆」の世界) でも継続的に自由自在に再生させる目的で、「NLP の方法論の悟りの道への適用」のワークを首尾一貫して行ってきている。

 

グリンダー、バンドラー、ディルツ、ディロージャの NLP 四天王から直伝された唯一の日本人トレーナー。

 

2001 年帰国後は、国内で NLP を活用したコーチング・セッション、ワークショップ、トレーナーズ トレーニング コースを含む認定コースを数多く提供してきている。

 

NLP の自分自身への「自己適用」を通じて、幼年時の施設体験時に被った自らの心的障害をも完全克服した。ワークを通じて、クライアントが「気づき」、「自己変容」、「自立」の能力を獲得し、「自分自身のセラピスト」として継続的に自分自身を変え続けていくことができるように支援している。

 

スピリチュアルの知識を実践的に体得してきていて、「精神世界のアーティスト」と呼ばれることもある。

 

Swami Guhen の研究対象は、パタンジャリ、シャンカラチャリヤ、ヴィーヴェックアーナンダ、マダム ブラヴァツキー、アニー ベザント、グルジェフ、ウスペンスキー、オルダス ハックスリー、アラン ウォッツ、ティモシー リアリー、ラム ダス、ロバート アントン ウィルソン、ケン ウィルバー、スタニスラフ グロッフ、チャールズ タート、アレスター クロウリー、グレゴリー ベイツンを始めとして、印哲、ユダヤ密教 (カバラ)、錬金術、神話学、シャーマニズム等、広範囲に渡っている。

 

Swami Guhen のワークは、印度ヴェーダンタ哲学、特に、シャンカラチャリヤの主張と NLP の方法論が完全マッピングあるいは完全統合が可能で、なおかつ、「悟りの境地」を NLP を通じて一日 86,400 秒間体験し続けることが可能であることを実際の体験として体感させるものである。

 

(株) オフィス北岡 CEO。NLP インテグラル アソシエーション代表。

サイバーブック

北岡泰典公式サイト

(c) Copyright 2012, Swami Guhen. All rights internationally reserved.